BLOG ブログ

サプリメントは果たして効くのか?

サプリメントは果たして効くのか?

『CMでよくやっている〇〇の痛みに効くサプリメントを飲もうかと思うけど効きますかね?』

「〇〇さん、食事はどんなものを食べてますか?」

『色々食べてますね、あまり好き嫌いないし野菜もしっかりとってるつもりですし』

「じゃあ必要ないじゃないですか? 食事でしっかり栄養摂れてたらサプリは必要ないです。」

『えー、でも〇〇痛いし』

 内容は違えどよくある会話、CMってよく出来てるなぁと感心します。
 勘違いしてはいけませんが、サプリメントは副作用の出にくい範囲で栄養の一部を特化させた食品です。

細かく言えば色々ありますのでザックリと

つまり、普段食べている食品と同列で扱うべきものです。

 普段の食事でしっかりと栄養が摂れている人であれば、サプリメントを飲むことによって、栄養の過剰摂取になり健康を害することもあります。
 食事をしっかり摂ってない人は、食品を吸収する素地が弱く、弱った胃腸に強い刺激物がきた状態で、栄養は吸収できないわ、胃腸にダメージが行くわでいいこと無し。

まずは、食事第一です。

サプリメントを摂るためにしておきたいこと

 まずは、自分がどんな食事をしていて何が足りていないのか? これを把握しましょう。
 食事で栄養バランスを取り、普段の活動から多く消費される栄養素をサプリメントで補う。

 とはいえ、自分自身もそんなにしっかりと食事を把握してきちっとした生活を送っているとは口が裂けても言えませんが、まあ、だいたいです。

膝が痛いのに効くサプリはよくCMでやっています。

「最近膝や腰の痛い人が増えたなぁ」

『じゃあちょと調べてみよう。 オッ、この成分が少ない人に膝が痛い人が多いな』

「じゃあ、この成分と健康に良さそうな成分を入れたサプリメント商品を作ろう。」

想像は入ってますが、似たりよったりだと思う。

つまり〇〇に効くサプリメントは栄養素をいい感じに混ぜた調理品だと思う。

 普通の食品には味があるので、平均に合わせると多分まずくて食べられないだろうが、栄養素の料理は味がないので平均で、できあがってしまう。
 必要のある物、必要のない物まとめて摂ってしまうのがこのサプリメントのまずいところ。

 効くかどうかは分からないし、効くものとして考えても、何でも過ぎれば毒
 出来るなら、サプリメントを摂るなら単体でとれるといいんじゃないかなぁと思う。

 必要かどうかはさておき、自分の体に直接作用するものを何となくで選ばないようにしていきたいものです。

栄養を摂るために鍼灸が出来ること

 有名所では【足三里(あしさんり)という胃腸を整えると言われる膝の下辺りにあるツボがあります。
 これは胃の動きを活発にし、消化を助け調子を整える作用のある所なる反面、元々胃腸の動きが良すぎる人には害となりやすいツボでもあります。

動きが良すぎるのでこういう人には胃腸の動きを抑制する必要があります。
そのツボは腕の【内関(ないかん)、腕の内側の真ん中あたりにあるツボです。

 そう考えるとサプリメントと同じく、必要な栄養、刺激が必要な所へあれば人は元気になれるのだろうなと思い日々励んでおります。

[addtoany]